setsの独り言

setsの独り言

独り言・ささやかな情報発信・考察・メッセージなどを綴って居ります・未熟なクリスチャン

【スポンサーリンク】

いじめられている貴方へ

 いじめられている貴方へ

 2019年になり12日が過ぎました。学校や仕事が始まって色々あるかと想像致します。

 他サイトでは一度綴らせて頂いたのですが、聖書の教えと合っているのか分からなかったので削除致しました。今回は聖書の教えと共にわたしの個人的な想いを綴らせて頂けましたならばと想いました。

 タイトルが衝撃的かとは想像致しましたが、何か心がざわつくもので・・。

 一般的な公立学校は今週の月曜日から始まったのでしょうか。お勤めの方は関係ない御方様も御座いますでしょう。

 どうですか。学校は相変わらず大変な状況では無いでしょうか。職場も様々な人が居ります事でしょうし、上司や部下、同僚も色々なお方様が居ります事でしょう。想像致します。

 大体のお方様は1度や2度、または、それ以上、いじめを体験したのではないでしょうか。ここでは、いじめをしているお方様のお話は少なめに致します。理由は御座いません。

 いじめの内容や時代やレベルや相手の数や教師も混ざって居ります時が御座いますので一様ではないので、わたしが分かった様な事を綴る事は出来ません。実際の辛さは御本人様にしか分かりませんから。ただ痛みは感じるというだけで御座います。

 いじめられて居た時のわたしの心情は頼るべき人が居なかった。

 今、いじめを受けて居ります人へ綴らせて頂ける言葉は、聖書のルカによる福音書6章を読んで頂けたらと想います。こんな内容の事できないよ!っと想うお方様が殆どかと想われます。しかし、貴方様に問います。ルカによる福音書6章の綴りは主イエス・キリスト(神様)の御言葉で御座います。今、学校や職場でいじめを受けられて居ります御方様の中には死にたい位辛い御方様も居ります事かと想像致します。または、今、本気で死のうと想ったら、このブログが目に入ったと言う御方様が居りますかもしれません。自分自身の力でいじめっ子に抵抗し続ける事が出来ますか?出来そうですか?では、信じなくとも真似してみてはどうでしょう。出来ましたら主イエス・キリストを信じて欲しいのは個人的な気持ちで御座います。聖書はスマートフォンのアプリからでも無料で入手できます

 お時間が御座いましたら、続きを読んで頂けたらと想います。何故いじめがあると想いますか?あまりTVやネットで綴られて居ります一般的なものはここでは綴るつもりは御座いません。親が悪い・学校が悪い・社会が悪い・貧乏だから・・わたしが醜いから・・しゃべり方がきもいから・・理由がわかならい・・。もっともっといじめられて居ります御方様御一人様御一人様は、いじめられる理由を想像しております事でしょう。わたし自身は当時、反発するといいますよりも「何故いじめるのだろうか。何故、体の事をどうしようも無い事を言われても・・。迷惑かけてないのに・・。」等考えて居りました。そして、わたしが変ればいじめは無くなる。っと信じて居りました。しかし、誰を信じていたのでしょうね。わたしが自身自身の力を信じて接し方かを変えればいじめは無くなると信じたのか?相手が良心の呵責(りょうしんのかしゃく・意味は「悪い事をした自分を責める等)にさいなまれ、いじめを辞める事を信じていたのでしょう。当時を振り返りますと無知なわたしを痛感するのです。相手を信じても自分自身の力を信じても状況は変わらなかったのでした。ある意味当然なのですが、当時はそれでも、人は変わる・・っと米粒程の期待を持っていたからなのです。しかし、無残にも奇跡は起こりませんでした。

 何故、いじめが有るのか?。一言で言わせて頂けるならば、「それが人間のもつ性質」だからだと感じました。いじめをする性質は教師や聖人と言われますお方様も御座います。もともとの人間の性質・罪ならば不思議では御座いません。

  聖書を綴った御方様は40数名御座いますが(人数は確定人数では御座いません)聖書の綴られて居ります言葉は神様の言葉で御座います。当時のわたしが聖書を知って居りましたならば、どれだけ心が救われていた事でしょう。っと今だから感じる事が出来るのです。 

 この記事での主人公はいじめを受けられておりますお方様で御座います。貴方様がいじめを受けて居られるので、他の大多数のお方様ががいじめの魔の手から逃れられて居ります。主イエス・キリストは十字架にあって無罪でありながら死にました。主イエス・キリストは人間の全ての罪の代わりになって死んで下さりました。その事により、人間の罪は無くなったのです。

 いじめを受けて居ります貴方様、あなたは主イエス・キリストが十字架で何を考えていたと想いますか?それは、罪人である人間を、自分を十字架に張り付けた人間を、それでも赦し愛したのです。自己犠牲をもってする愛で御座います。究極の愛であり、主イエス・キリストにしか出来ない行為でありました。そして、十字架に張り付けになって居ります時、主イエス・キリストはこう言いました。「父よ。彼らをお赦し下さい。彼らは、何をしているのか自分で分からないのです。」(ルカによる福音書 23:33~34)

 主イエス・キリストが十字架にあって天の父(神様)にお話しになった御言葉(みことば)は、御自分を十字架にかけた罪人すらも天の父に赦しを願ったので御座います。

 いじめを受けておられる御方様が主イエス・キリストの様に死になさいと言っているのでは御座いません。お間違えの無い様に。死んだらいけませんよ。

 主イエス・キリストはいじめられて居ります貴方様の痛みを知って居ります。感じて居ります。そして、見守って居られます。

 人間はもともと完璧ではないので、罪を犯します。いじめをするという罪を犯します。これはもともと罪人である人間が自己中心的な気持ち、自分中心の気持ちで居たいという欲がいじめをしてストレスを解消をして快感を得るという誘惑に負けまして欲のまま生きて居ります状態で御座います。これがエスカレート致しますといじめが犯罪等に発展しかねない状況になります。

 いじめられて居ります御方様は、欲を誘惑された状態の者の被害者で御座います。しかし、いじめっ子は主イエス・キリストが十字架で天の父様にお話しになった様に「彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」っと表現されております。

  人の文字・文章は受け取った瞬間から貴方様のものに成ります。わたしは文章を綴って終えますが、読んで下さった御方様は、わたしの綴りを読んだ瞬間から、わたしの綴りでは無くなり、貴方様の心の種に成りました。(ルカによる福音書6章43~45)種がどうかどうか育ちますようにお祈りさせて頂きました。

 いじめと言うものは、自分の欲を誘惑する何ものかに負け、自分中心になった結果、他人の痛みなんてどうでもいいっと成った時から始まるのではないでしょうか。

 どうか欲を誘惑されたものに負けない様に、聖書があると言う事だけは忘れないで頂けたらと想います。

 読んで頂きましてありがとうございました。

 by sets

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 ニュースブログ 明るいニュースへブログランキング・にほんブログ村へ