setsの独り言

setsの独り言

独り言・ささやかな情報発信・考察・メッセージなどを綴って居ります・未熟なクリスチャン

【スポンサーリンク】

お知らせです。

 お知らせです。

  いきなり綴る事を何日もあけてしまいました。もし、待っていて下さるお方様が居りましたならば申し訳御座いません。

 理由は特になかったのですが、心身休息をとる様に心がけておりました。また、他者様のブログ訪問もお休みさせて頂いておりました。

 長年、15年目を迎える綴りなのですが、わたしは昨年の3月にER救急救命室に入院致しましてから、まる1年に成りました。入院中にキリスト教の伝道放送に出会わせて頂きましてから毎日毎日朝・夕方・日曜礼拝を365日1個欠かさず拝聴させて頂いてきました。

 まだ1年という事もあり、肉的な事に目移りする事もありました。しかし、去年に比べまして、ちょっぴりだけ霊的に成長させて頂けているのではないかと想うのはあります。この地球に生まれ、日本で過ごし、この世のあらゆる娯楽等があります。全ての娯楽を否定しているのではなく、クリスチャンとして信仰的に生きる事が大切であると1年間牧師さんから学んできました。特に偶像崇拝は聖書でもかなり厳重に禁止されております部分であります。また、人間としてこの世に生きるとき、あらゆる娯楽・欲を誘惑する何かに目移りしてしまうのが人間だと想っています。しかし、クリスチャンというのは信仰的に生きますので、この世の快楽などにうつつを抜かしていてはいけないと毎回反省といのでしょうか、悔い改めと、純潔に成れるようにと伝道放送を拝聴させて頂いたり、聖書を拝読させて頂いております。

 聖書は本当少しづつなのですが読み進め続けて居ります。神様の御言葉です。現在は詩篇でいうと105から。また、平行して読み進めておりますのは聖書のお話の流れにそっていまして、次は士師記(ししき)1からで御座います。また別に箴言(しんげん)、ヨブ記、伝道の書を読み進めていく予定で御座います。

www.sets.fun

 聖書が何を伝えたいのかは何となくではありますが分かりつつあります、まだまだまだまだ・・・の未熟者で御座います。

 

 信仰的生き方や信仰的に生きてこられた先人のクリスチャンのお言葉や生き様を知っていくと、わたし自身もそうゆう生き方を模倣してみたりする時がありました。そうしますと極限に近く孤独と心の底の奥深い部分に到達し、そこで黙想(もくそう)を進めるという事などでした。その境地でしか気づけない事があるのではないか?と想い聖霊様のお力をお借りしまして進めておりました。もしかしたら、ツイッター上も含めて心配して下さっていたお方様が居るやもしれません。事情を知らないと、わたしが他人でしたら心配になる様な言動も客観的にあるからでした。もし、そうゆうお方様が居りましたならば大丈夫ですのでありがとうございます。そして、御心配おかけして申し訳御座いませんでした。 

 そして、ツイッターをフォローして下さっておりますお方様やフォローはしてなくとも見て下さったお方様が御心配にならない様に、こちらで綴らせて頂きます。「わたしのツイートは意味不明な綴りをする事が多々あります。どうか適当に、またかと想って読み流して頂けたら嬉しいです<(_ _)>。」わたしのツイッターは面白くないのですが、念の為、こちらで綴らせて頂きました事、御了承下さいです<(_ _)>。自分が想うほど他人様は自分に興味が無いという言葉をよくよくお聴きしますが、そうゆう部分もあると想います。しかし、そうでない部分もあると想いますので、こちらで綴らせて頂きました。

 わたしは間違っても自分で自分の命を絶つ様な事は致しませんし、本気で考えた事はありません。大変な時はあります。しかし、クリスチャンにさせて頂き1年の間で霊的に色々ありました。クリスチャンになった当初は、やってはいけない事や控えた方が良い事だらけに感じまして、我慢ばかりで段々と辛くなってきてしまったのです。あれはダメこれはダメ、男性ならば余計に色々な本能もありますでしょう。

 ただ、これらの事は聖書理解もそうなのですが毎日毎日の伝道放送と日曜礼拝にて、時にPCの前で牧師さんに「こんな事できません・・」っ呟いてしまう事も実はかなり多かったです。わたしの心に誠実に綴らせて頂く事は神様に対しての誠実さなのです。嘘をつくというのは、例えば「わたしは信仰的に生きているから欲的な事は考えてきませんでした」っと神様に告白しましたとして、もしそれが真実ではないのならば、自分の心に誠実になり告白する事こそに誠実さがあるのではないでしょうか。ですので、「わたしは信仰的に生きようとしておりますが、まだどうしても肉的な事を考えてしまう事が多いです。」っと正直に神様に告白する事が誠実なのだと牧師さんの過去のお話を拝聴させて頂きまして、納得致しました事でした。

 しかしなのですが、去年の今頃は頭の中で理屈で「信仰的にいきなければ!だから、これはダメなんだ。悔い改めねば!」と常に考え過ぎまして辛くなってきておりました。しかし、1年しか経っておりませんが、信仰は本当の意味での自由を得る事であるっと、事あるごとに色々な場所でお聴きしてきまして、最近ようやく少し分かりつつあります。それは、神様を想い神様に感謝しわたしの十字架は赦されましたが主イエスの様に自分の十字架を背負って生きていく時に、神様の御心・御言葉が綴られております聖書を読み進めさせて頂く事や伝道放送を拝聴させて頂く事や、実際に信仰的な生き方を実践していく事で、クリスチャンでは無い時とは全く異なる結果が出る事に気づかせて頂いてきました。わたし自身も神様には失礼なのですが、本当は「え・・嘘ですよねぇ・・」っという程に周りの人間関係が穏やかになったりした事もあります。色々な生き方の本が世の中では有りますが信仰的に生きる事との違いは根本に神様が居るか居ないかなのだと想いますこれは非常に大きな事でした。

 なのですが、違いを詳細に綴れる程に差異を理解し表現に至らせる事まで熟知しておりませんのが、わたしの未熟さで御座います。

 自分が変れば周りも変わるとは色々なところで聴く事ではあると想います。わたしも昔からよくお聴きするフレーズでした。これも、何のために自分が変るのか?というのが非常に大きなウェイトを占めていると感じました。神様が居なければ、自分自身の為にあらゆる事を頑張ったり、周囲の為に頑張ったりするのですが、それ自体が悪い事ではないと想います。しかし、この場合頑張れる限界があるのではないかと感じたのです。聖書にも自分の力ではどうにもならないから神様の力が必要なのだという意味合いが綴られて御座います。聖句を把握できてませんで、申し訳御座いません。

 目に見えない神様を信じるなんて・・どうして信じたり信用出来たりするのでしょうか。っと想う方が殆どだと想われます。恐らくはクリスチャンの兄弟姉妹さんの中にもそうゆう想いを抱いております方も居りますのでは無いかと感じ致します。

 伝道放送では、夢の中で主イエスが出てきましたと言うお方様も数名おりました。わたしは夢でも拝見させて頂けた事が1度もありません。

 なのですが、この世の理解できない現象や聖書の御言葉通りに出来る部分はして生きてみると、今までの人生では無かったな現象に出会わせて頂けた事もがありました。それは、例えば黙想状態を通じて、わたし自身の言動を遮断した時にのみ気づけた全く想像もしなかった現象に気づかせて頂けたり、自然が好きなのですが、自然の中に理解できない現象がありましたり、また、世の中生きて居りますと偶然の様な奇跡というのでしょうか。偶然が2度3度続く時に何かを感じたのです。偶然ってそんなに続くものなのだろうか・・・っと。だからと言って、それらが神様の御業かどうかはわたしには分かりません。しかし、わたしは全ての事が意味があると想って居ります。聖書には、わたしが望むものではなく、わたしに必要なものをお与えになると言う意味の綴りが御座います。つまり、わたしはAというものが欲しかったとします。しかし、神様はわたしにとってはAではなくCをお与えになったという事です。Cをわたしは知りませんし望んで居りませんでした。しかし、結果的にはわたしには平安と自由と将来・現在における思い煩いを無くす事が出来たのでした。神様はわたしに必要なものはAでは無くⅭである「平安と自由と将来・現在における思い煩いを無くす事」をお与えになって下さったのだと想います。

 将来の不安は誰にでもあると想うのです。わたしにもありました。想定できる未来には問題も予測・可能性の範囲としてあります。なのですが、その想い煩いを神様に全てお委ねするのでした。そうする事で今を生きれる様になったのでした。分からない未来の不安に悩まされ、分からない未来の恐怖や不安がわたしに抱かせる脅迫観念とも圧力に負けて今を生きれない程に気力をそがれた過去は何度もありました。しかし、聖書的に、この想い煩いは神様に委ね、明日の患いは明日患うから今日は今日なのです。の様な聖句が御座います。聖句をしっかり把握できてないのを今後は直していきます。今回はご了承頂けたらと想います。申し訳御座いません。聖書はまだ1度も通読しておりませんので、とにかくは1度は通読する事をしたいと想って日々拝聴・拝読させて頂いております。

 わたしはブログでもリアルでも勧誘は致しません。わたしがそうであった様に、強制して信仰をさせる事は神様の御心ではないからです。また、そうゆう事をしても直ぐに辞めてしまうと想うからです。

 ただ、未熟なクリスチャンの綴りといのはあまりお見かけ致しませんので綴っております。誰かの何かの迷いの解消のヒントの一途になれたらと想ったのでした。

 霊的に成熟されたクリスチャンの兄弟姉妹さんの綴りには圧倒される事が多々御座います。わたしはあの様な風になれるのだろうかとか、ああゆう信仰心に煮えたぎる熱いクリスチャンになれるのだろうかとか想ったりも致します。

 しかし、わたしには神様の御計画がありますでしょうから、わたしにはわたしへの役割があっての事かと想って居ります。クリスチャンの方といえど全く同じ人間では無いのですから、神様が各々への御計画やミニストリーは違うと想いますので、わたしはわたしのミニストリーに気づかせて頂ける様にお祈りさせて頂きました。

 今のところはブログでの綴りがメインではありますが、instagramで少しだけ信仰的な綴りも添えて御座います。

 生きていく上では、収入も必要です。お金を崇拝する事は神様がもっとも嫌う部分でもありますが、収入が0円でしたら生きていけません。わたしは、こう考えております。収入は神様が与えて下さります。それは待っていて与えられる事もあれば、この世の仕事をして得るという事もあるでしょう。しかし、1つだけ核になるのは生きるための収入が、徐々に徐々にもっともっと収入を増やしてもっともっと・・・っとなる事が問題なのです。聖書には信仰と富を同時に2つは出来ないという内容が御座います。

 将来的な大きな夢は、主イエスの再臨(さいりん)とイスラエル、日本は特になのですが世界的なリバイバルです。

 プライベート生活の夢は人並みな事がしたいなぁと想ったりもしますが、ここはわたしの力では不可能ですので神様にお委ねしております。お委ねするというのは丸投げなのですが、あとは気づきを見逃さない様にはしております。丸投げして寝ていたら何でも願いが叶うというのでは無い様な気がいたします。わたしの考えです。神様のわたしへの賜物(たまもの)を受け損なわない様に感覚を鋭くする事は意識しております。その為の黙想状態であったり、ある種、孤独的な物理的精神的状態を生きていたりする事が実はあります。先人のクリスチャンの兄弟姉妹さんの生き方を少しだけ知りまして、こうゆう精神世界の深い深い奥深い部分に到達し、そこでの気づきというのは神様の御心を知る事に・・の様なフレーズを2年前位に読んで居りまして、わたしは模倣した時がありました。驚く結果を与えて下さりました。つまり、なんというのでしょうか、この世の現象の変化を起こす事が出来る様な気付きを得たのでした。他人様にとりましては小さな事ではありますが、わたしの中の気づきとしては最大級でした。

 見えない神様というのは、どうゆう事なのかはまだわたしは未熟ですのでわかりません。しかし、この世が見えない数学的な方程式ではない、不確定な変動する現象においても、その方程式を作り出しているのだと理解するに至りました。それが、今のわたしの気づきの中では最大級の神様の賜物です。ありがとうございます。しかし、神様の賜物である絶対的な証拠を出せと言われたら出せません。神様の賜物は各々に様々な形で表現されて居ります様に感じるからで御座います。

 お知らせというタイトルでしたのに、内容はお知らせでは無くなってしまいました。申し訳ございません<(_ _)>。

 これまでは、毎日毎日綴らせて頂いてきました。

 しかし、今後は不定期になる事が御座います。また、内容も何を綴るかわたしにも予測できませんのは申し訳御座いません。しかし、過去記事に「記事の今後」がありますので、そちらは綴らせて頂きます(日程不明ですが。当初は光熱費の変化等の節約記事を綴ろう想ったのですが、色々なブログ記事様を知りまして、ただ単に、わたしの節約結果だけを綴っても、それはお役に立つのだろうかとか考えてしまいストップしております状況です。それならば、1年間まるまるしっかり料金変化を把握した時に、1年間の節約額はいくらで、どうやってやったのかとかを綴った方がまだ良いのかなぁっと考え直したりしておりました。初めての化粧」っというタイトルも御座いますが、こちらはわたしの幼年期のお話でありまして、そうゆう趣味があるという事では御座いません。そうゆう趣味をされて居りますお方様を否定も致して居りません。

 

www.sets.fun

 これまでは兎に角(とにかく)、1日1記事(独り言)を目指し綴ってきましたが、ブログの綴りはとっても、わたしには大切です。わたしがわたしで居られる場所ですからです。わたしの心の表現の場であり、わたしがわたしの心を知る為の場でもあるからです。写真や絵はInstagram載せて居りますが、文章の綴りはブログのこちらがメインで御座います。

 

 まとめ

 

 こんなにマイペースなブログサイトは・・御立ちよりして頂いた御方様に失礼ではないかと・・大丈夫かと想いましたが、もし気が向きましたらならばお立ち寄りして頂けたら光栄ですし嬉しいです。

 

 長くなりましたが、貴重なお時間を割いて頂き、お立ち寄りして頂きましてありがとうございました。

 失礼いたします。

 by sets

 コリント人への第二の手紙4:7-9

f:id:sets2018:20190329152338j:image

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 ニュースブログ 明るいニュースへ