setsの独り言

setsの独り言

独り言・ささやかな情報発信・考察・メッセージなどを綴って居ります・クリスチャン

【スポンサーリンク】

とある8月の夏休み

 とある8月の夏休み

 かれこれ、数十年前の夏休みの日でした。8月某日でしょうか。小学校で夏休み中の授業でプールがありました。
 当時は真夏と言っても最高気温が31度~32度位でした。関東に住んで居りましたが地面は土が多かったです。地面が土ですと大気の温度を吸収して下さるので気温が上がりずらく成っているのかもしれません。地球温暖化の理由は色々ありますが、ここでは割愛させて頂きます。

 

 お話を戻します。そんなプールでの授業。わたしは大好きでした。(比較的出来た授業科目)小学校1年生だったので泳ぐのではなく、プールの水に浮かんで居ました。

 先生が言いました「みんなで左回りで歩いてください~」っと。

 わたし達生徒はプールの中で左回りに歩いていました。水圧がかかり水中歩行は、ゆ~っくりゆ~っくり 歩くのでした。そうこうしていますとプールの流れが左回りに徐々に徐々に回り始めました。洗濯機の中を覗いている(のぞいている)感じでしょうか。

 わたしはプールの中で徐々に徐々に水中歩行するのを辞めて浮いていました。空気を沢山吸い込み、膝(ひざ)を両手で抱えて、だるまの様になり浮かぶんです。そうすると流れるプールに流されて面白かったのでした。

 そんな時、想って居た事は「宇宙に行ったら こんな感じなのかなぁ」っという事でした。

 先生の笛が「ピー!!」っと鳴ってプールは終了です。

 身長107cmの小学校1年生がプールが終わり一人 テクテク通学路を歩きます。通学路には沢山の虫や林がありました。畑も。色々な虫を探しながら帰宅しました。31度位の気温なのですが湿度も低く、蒸してなく、カラッとして気持ちの良い気候でした。

 自宅へ着くと姉が2人TVを見てました。本当に珍しく箱に入った棒の様なアイスを1本取り出してアイスを食べながら、途中からトランプを3人でしてました。この頃、この日は3人揃って(そろって)仲良くしていた珍しい1日でした。

 

 何があった訳ではなく、ただただ、平和な1日だった事を覚えています。なぜ、この日の記憶だけが鮮明に残っているのか、わたしにも分かりませんが、何か穏やかな(おだやか)な1日でした。

 

 お立ち寄りして頂き、ありがとうございました。

 by sets

f:id:sets2018:20190525151528j:image

f:id:sets2018:20190525151658j:image

f:id:sets2018:20190525151609j:image

 にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへにほんブログ村 ニュースブログ 明るいニュースへ