setsの独り言

setsの独り言

独り言・ささやかな情報発信・考察・メッセージなどを綴って居ります・未熟なクリスチャン

【スポンサーリンク】

公衆トイレにおける問題(水を流さない・流れない・水の流し方が分からないetc)の個人的な想い

 公衆トイレにおける問題(水を流さない・流れない・水の流し方が分からないetc)の個人的な想い

 

 ツイッターでツイートするレベルの短い文章に致します。トイレの蓋(ふた)をあけてみたら流れていなかった・・等に出くわされたお方様も多いのでは無いでしょうか。統計は取っていませんが。

 わたしが感じた個人的な問題の1つ。わたしは病院へ行く事が多いのですが病院事に水の流すボタンの種類が異なっていたりします。手をかざして数秒すると流れるというのが主流になっているのでしょうか。こちらに関しましてもボタンの種類・位置・他のボタン(見た目・認知・認識)の違いが分かりずらい・・。

 実際に御高齢のお方様に聴く機会がありまして、聴きましたところ「ボタンが多すぎて分からない・・」「手をかざしてるけど流れねぇ~んだよ・・」等。

 やり方により流水機能の発動が促される(うながされる)までの時間や手のかざし方のコツも異なると感じます。そして、取り扱うメーカーにより微妙に異なりすぎるという事が問題かと想いました。統一性が無い。

 これはトイレで用をたして水を流すという一連の作業に置いて時間をかけない・かけられない時に、「どのボタン?・・あっちのトイレと違う・・流れない・・何これ・・もう・・いい!」の様な事があるのでは無いかと想像しました。

 

 単なる、わたしの考察なのですが、メーカー事の差があるのは致し方ないとは想いますが、もっとシンプルに究極的にシンプルに・どんな方でも一発でやり方が分かり・流水もスムーズに確実に流れるトイレの流水ボタンがあると良いなと想ったのでした。

 

 単なる感想文なのですが、お立ち寄り頂きありがとうございました。

 失礼致します。

 by sets

f:id:sets2018:20190709191116j:image

 にほんブログ村 ニュースブログ 明るいニュースへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ