setsの独り言

setsの独り言

独り言・ささやかな情報発信・考察・メッセージなどを綴って居ります・未熟なクリスチャン

【スポンサーリンク】

再生不可能な声

 再生不可能な声

  時に、映画の登場人物のセリフでしたり人様との会話に置いて聞き逃し(のがし)があります。昔は、聴いた様な気分になり、本当は聞き逃しているのをしりつつ、それでも会話は成り立ちますし映画のストーリーに影響はあまりなかったりしました。

 しかし、実はそうではないのだと気づく様になってきました。たった一言。たった二文字の返事だったり・・。それを聞き逃して進んで行った時、人生のストーリーも映画のストーリーも結構変わってしまったりするのでしょうか。そんな事を半日前にふっと想っていたので綴ってみました。

 だから何だという事では無いのですが、ユーチューブ動画などでも最近は一言でも曖昧(あいまい)な単語は何度でもPCやスマホの音声出力部位に耳をくっつけて凝聴(ぎゅうちょう・注意深く聴くよりも更に注意深く聴くの意・こうゆう単語あるのでしょうか、調べましたが検索ヒット出来ませんので作りましたが有ったらすみません)しています。

 

 あまり深い意味は無く、ただ何となく想った事を今日は綴ってみました。

 

 すれ違い、通りすがり、2度と会わないであろう人の一言や、一定の時期何となくやりとりしていた人達様の、一言が、たった たったじゃなくて 実は 将来なんていうものがあるのならば、将来「あ・・昔・・どこかで聞いた事あるような・・・なんだっけか・・」その程度の一言が将来何十年後かに、ふと脳裏に浮かぶような事があったとするならば、その言葉はどんな意味をもっていたのでしょうか。わたしには想像もつきません。そして未来は、わたしには分かりません。聖書の記す未来は分かります。分からない未来とは1秒後、0.00000001秒後・・・・キーボードを打つ瞬間に何があるか、今この瞬間の先は全ては不明なのですから。

 わたしは、わたしのインターネットでの全ての履歴は天国へいけるならば、その前に全てデリート(削除)します。まだ、先かもしれませんし、先の事は分かりませんし、悲観もしてません、悲しくも不安も何もありません。

 今は、信仰を心の中心に置かせて頂き、様々な事を想像するだけです。天国とは?などなど色々と。

 日々の生活はリアルで現実あり、それは皆様同様であり、人間ですのでクリスチャンではないお方様のお気持ちも何となく分かりますし、もともとクリスチャンでは無かったですので、記憶はあります。ただ、当時の感情や心持(こころもち)というのでしょうか、当時はこの事が楽しかった・面白かった・という記憶はありますが、同じものを拝聴させて頂いても拝見させて頂いても感情が伴わなくなってはいます。生まれ変わったとクリスチャンの兄弟姉妹さんは皆おっしゃられるはずです。

 信仰とは何でしょうか。心理学や脳科学や占いなどと何が違うのでしょうか。昔は全くその違いが分かりませんでした。そして、今もそうゆう事をどうのこうの言う気持ちは全くありません。自由ですから。ただ、わたしが感じてやまない事は、あくまでも、わたしの感覚なのですが、聖書・信仰はそれら全てを内包(ないほう)するという感覚でした。細かい事は聖書には綴られておりません事が多々御座います。しかし、聖書が伝えている事、主イエス・キリスト様が伝えたかった・伝えていた事、何故そうゆう事をおっしゃられたのか?、何故何故何故・・・そうゆう事を昨年の3月位から伝道放送や日曜礼拝放送、様々な映画・書籍・動画やブログ、クリスチャンの方々の言動等も拝読拝聴させて頂きつつ、言葉にならない何かを感じつつ、あ~これも聖書に内包されている事・・これも・・・あれも・・そうゆう事がちょっぴりづつちょっぴりづつ・・魅了されてきている最中ではあります。とは言え、主イエス・キリスト様に誠実に綴らせて頂くならば、わたしはイメージ的真面目なクリスチャンでは無いかもしれません。

 わたしは、想像します。主イエス・キリスト様が居たら、わたしの中に聖霊様がおられるならば、細かいうわべだけの解釈ではなく、もっともっと深く根源的な部分での何ていいましょうか、愛というのでしょうか、恋愛の愛ではなく、神様の愛とはどうゆうものなのでしょうかと、想像したりして、時にクリスチャンの方々からは白目をむかれる様な行動もしていると想います。そして、気をつけねばならないのは、信仰が独りよがりにならない様注意する事なのです。それでも、わたしの中では主イエス・キリスト様との霊的なお話の中でGOサインの様な・・神様が選びそうな選択肢につきましては行動させて頂いています。ここら辺はとても難しい事です。わたしの想い込みにならない様にと。もしかしたら想い込みなのか、その点につきましては、わたしの場合わたしにも分かりません。分からないという表現が胡散臭い(うさんくさい)のですが、そんな気がするともなんとも表現できません。

 一つだけ例えのお話を綴らせて頂きます。

 ここに見た目が腐ったみかんがあったとします。人は言うでしょう。「それはもう腐っているから食べるの辞めなよ・・お腹壊すよ・・何でわざわざ腐ってないみかんじゃなくて、腐ったみかんを食べるの?・・云々・・」。

 わたしは言います。「では、何故、そうと分かっておきながら、ここにみかんがあるのでしょうか。何故、腐っているみかんは食べてはいけないのでしょうか。学校の先生が親が医学番組の医師が言ったからでしょうか。腐ったみかんは、腐ったみかんと教えられて、そうゆう風に想うから、皆様はそういうのでしょうか。この中に、それでも食べてみようと、食べてみたらどんな味がするのかを、そもそも何故腐ったみかんが腐ってないみかんと一緒に置いてあるのでしょうか、味を云々(うんぬん)言う前に、腐っていると言われお腹を壊すと教わり、しかし、何故、ここに腐ったみかんがあるのかを知りたくは無いですか?。もしかしたら、腐ってないかもしませんし、腐っているか否かは人の目が決める事では・・・注意や忠告がその人の為であったとして、まず、止める前に辞めろと言う前に、この状態がどうゆう事なのかを、腐ったみかんに問いてみたいと想うお方様はおりますでしょうか・・っと。腐ったみかんは答えるかもしません。食べた口の中で・・「わたしは腐ってません」っと。そして腐ったみかんと言われるみかんを観察し、そのみなされたみかんとお話してみてはどうでしょうか・・っと。みかんにも心があるならば、みかんは答えるのでは無いでしょうか。「わたしは腐ってない」っと。そして「わたしはみかんじゃない」っと言うかも知れません。

 わたしに出来る事は、それ位なのでしょうか。その為に聖書があり信仰がある様な気が致します。

 わたしがこの人間の世で救いに感謝する事は主イエス・キリスト様への想いですが、わたしが信仰とは無関係な事にやみくもに浮かれてどうすると。救われて喜び・感謝し・・本当に感謝しております。しかし、信仰的ではない事に浮かれてどうすると・・わたしがわたしに対してだけ抱く戒めの様な、そんな気持ちです。喜びがわたしにあるならば、今、この瞬間、死にたい死のうと想う程に想いつめてか、その様な判断する冷静さも意識の鮮明さも薄れた中に過ごすお方様に、何かできないかと・・・わたしがクリスチャンにさせて頂き一番の感謝は「祈れる」という事なのでした。「祈り」とは祈りを向ける対象である主イエス・キリスト様がいらっしゃるという事、そして、それは、わたし・わたしたちクリスチャンにとりましても、とてもとても大きな・全てと言っても過言では無いような・・・形式上の祈りではなく、一度の祈りに わたしは肉体と精神?霊的な圧迫感を抱く様な、まるでわたしの人間の体力と寿命が削られる様な状態に毎回毎回なります。わたしは敬虔(けいけん)な見本となる様なクリスチャンではありません。まず、あまりにも未熟です。学びなどに付きましてもまだまだ知りたい学びたい事だらけなのです。誠実に答えるならば学んでも学んでも全然足りない気持ちなのです。

 祈りにすがっていると想われたとして、それは喜ぶべき事なのでしょう。祈りにすがれる対象である主イエス・キリスト様がいらっしゃるのですから。そして、祈りは聴かれております。信じられないでしょうが、聴かれております。全ての祈りは聴かれています。ただ、それがかなうかどうかは主の御心のままにです。ですから、わたし達クリスチャンは祈るのでしょう。祈れる主イエス・キリスト様がいらっしゃる事を、祈りに向かわせる聖霊様を、そして父なる神を、わたしはありがとうございますと。

 そして、わたしの過去・インターネット時代だけでなく、過去の過去から、昔の昔から、人間の力では、わたしの力では無念・・不甲斐ない・・情けない・・そこで終わっていた状態ではなく、祈りは聴かれる・・・・ それは、わたしの内的な無力感すら救って下さった事なのでしょうか。そして、祈りは聴かれました。

 わたしはあかしの為の嘘を綴りませんし言いません。多少のニュアンスの差や細かい数値等の違いはあるやもしませんが・・。しかし、この細かな部分も今後はしっかりさせていきたいと想いました。

 わたしが人間の肉体で気づかせて頂き、たどり着かせて頂けた信仰、祈り。

 

 またしても、タイトルとは関係のない内容になりました。すみません・・。

 粗末な綴りを読んで頂きありがとうございました。下書き無しのいっき綴り故、読みづらく分かりずらい綴りやもしれません。もうしわけございません。

 それでも、お立ち寄りして頂ける気になって頂けた事、感謝致します。

 何の益にもならないでしょうが、それでも何かしらになって欲しいと想いました。

 ありがとうございました。

 失礼致します。

 追伸・・綴りにおいて信仰的ではない部分があるやもしれません。ご指摘があります時は何なりとお問い合わせボックスへ宜しくお願いいたします。未熟なクリスチャンとは綴りましても、それが言い訳にはなりませんですから。学びを深めていかせて頂きます故、御不備等御座いましたら申し訳ございません。

 by sets

f:id:sets2018:20190703030443j:image

にほんブログ村 ニュースブログ 明るいニュースへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ