setsの独り言

setsの独り言

独り言・ささやかな情報発信・考察・メッセージなどを綴って居ります・クリスチャン

【スポンサーリンク】

文字が浮かぶ?

文字が浮かぶ?

 良く晴れました。快晴です。この時期が一番季節的には良いのでしょうか。でも、気温差がありましたり、色々ありますので体調を崩されてしまうお方様も居ります事と想いますので、水分補給(これしか言ってないですが・・)を小まめに少量づつでも摂取されると良いかと想います。

 先程から文章を色々拝読させて頂いておりました。15年間のブログ綴り。年数だけは長いのです。謙遜(けんそん)ではなくです。文章を読ませて頂いておりまして ふっと・・ 人柄みたいな 空気というのでしょうか 匂いではなく 香りの様な 上手く表現できないのですが、情景まで言いますと言いすぎな気がしますが、行った事も会った事ない土地・文章を綴る方々様が そこに居るのだなぁ って、当たり前なのですが実感してきました。15年前の事は記憶から掘り返せないのです、上記の様な感覚は過去に無かったです。

 わたしは部屋で一人で過ごす事が殆どですので、人間さんとお会いしてお話する事が殆どありません。あるとしたらお店の買い物のレジのお方様が一番多いです。昔はあまりに話さな過ぎて、急に話そうとしますと声が出なかった事がありました。部屋で作業させて頂いておりますと表情を変える事も無いので、無表情というのでしょうか、笑うと顔面が強張る(こわばる)というのでしょうか、そんな感じでした。

 現在はそうゆう事が無いのです。理由は昔に比べて圧倒的に文章を読ませて頂く事が増えたからだと想います。1日の空いた時間のかなりの時間を文章を読ませて頂く事に使わせて頂いております。もともと読書家ではないのです。本!っとなると不思議と気負ってしまい、どこから読もうか・・一ページ読ませて頂くのに恐ろしい時間が経過致します。内容がどうこうという事では無いのです。製本されていると気負ってしまうのでしょうか。わたし自身も分かりません。しかし、インターネット経由で読む事が可能な文章は気負う事があまりありません。文章を読ませて頂いて(時に絵など色々あります)文章の先のお方様にお会いしている様な気がします。

 文章が浮かぶ っというのは文章が浮いているのではなく、文章から色々な事がふわ~っと感じる様な、そんな感じです。

 ここずっとブログ更新をしなかったのではなく、できなかったに近く、綴る事も他のお方様のブログも読ませて頂く事が出来なかったです。皆様同様に、リアル生活そのものがあるので、色々な事情で事情が無くともそうゆう時がありました。15年も続けておりますと、ちょくちょくそうゆう事はありました。

 例えば、単に気分が乗らないですとか、プライベートで色々あり忙しいですとか、何と言いましょうが原因不明で綴れない読めない時もありましたし、もっと言いますと読みたくない時も過去はありました。理由や原因を、わたしの場合は自分に追及をあまりしないので、そうゆう時期は3猿状態になっていました。見猿・聞か猿・言わ猿=見ない・聞かない・言わない。心の赴くまま(おもむくまま)生活していました。今も変わりなくですが、仕事的な事もありますので、そこは別ですが、適当に生活していました。DVDレンタルしてきて、ひたすら見続けてみたり、ひたすらユーチューブで音楽を聴いていたり、寝っ転がって配信を見ていましたり・・・他人様が見たら、何たる醜態(しゅうたい)っという感じでしょうか。

 話が脱線致しました。文章からふわ~っと感じる様な・・きっと、わたしだけではないと想います。わたしは単に、そうゆう事をわざわざ文字で綴っているだけなのだと想います。意図的というよりも、何も考えてないので、本当は考えているのでしょうが、わたし自身は脳みその状態は空(から)なのです。そこで気づかせて頂きました。頭の中が空の状態になると、また読みたくなったり綴りたくなったりする様な気が致しました。結果論なのですが。今更なのですが。こじ付けの様ですが。あえて文字で綴るならば。そんな感じです。

 色々な綴りを読ませて頂いていると、わたし自身が何を綴って良いのか、これは綴っていいのか、これは綴らない方がいいのではないか、綴りたいけどやめた方がいいのだろうか・・・そんな事を考えすぎる時が、わたしの場合多々ありました。あります。こうして、この綴りも貴重なお時間を当てて読んで下さっているお方様がいらっしゃるのですから、読んで下さるお方様が変な気分になって帰って欲しくないなぁって想ったりいたします。しかし、わたしは神様では無いので完璧には出来ないのでした。当然ですが。ここをふっと忘れますと、いつの間にか「わたしは間違ってはいけない・・これを綴ったら良くない・・これはやめた方がいい・・この表現は・・」そうゆう事に縛らてしまっている事が多々あります。本当に、ふっと目がクルっと回った目の瞳孔(どうこう)ぱっと開いた様になりまして、あ!また同じ思考回路になっている!っと気づかされるのです。確かに不快になる様な綴りは控えたいです。しかし、100人居ましたら100人に同じ様に伝える事は不可能なのです。そうゆう勇気というのでしょうか、嫌われても仕方ない・・読まれなくなっても仕方ない・・そうゆう勇気と言いましょうか割り切りといいましょうか、そんなにくっきりコンピューターの様には出来ないのですが、イメージとしては、そうゆう気持ちで綴っています。

 すみません、話が行ったり来たりしています。昔からこうなのです。

 頭の中の事を吐き出す作業と綴りますと表現が宜しくないのですが、結果的にそうゆう状態なのでしょうか。頭の中がごちゃごちゃしているのでは無いのですが、こうゆうダラダラした文章を綴る事が、わたしは実は好きなのです。はてなブログ様へお引越ししてきまして機能の多様さに驚きまして気負っていたのは事実です。読みやすくしたいというのが一番でした。なのですが、読みやすくしようとしますと、わたしの場合綴れなくなる様な感覚になるのでした。文章を整理整頓してしまうとダメなのです。あまり考えた事は無いのですが、メモに書いた事が頭の中のあちらこちらに点在しており・それは隠れて意識できないのですが、こうしてダラダラと綴っておりますと、それらの忘れて消えているメモ紙に書いた事がバーーーっと。そんな感じなのでしょうか。

 わたしにもわたしの頭の中が分かりません。

 良く分からない内容で、タイトル通りに帰結(きけつ)出来ませんでした。

 

 貴重なお時間を割いて頂き、お立ち寄りして頂きまして、ありがとうございました。

 失礼致します。

 by sets

f:id:sets2018:20190527172722j:image

 にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへにほんブログ村 ニュースブログ 明るいニュースへ